以前の考えとして…。

以前の考えとして、トイレのしつけ訓練は犬が粗相をすると叩いてみたり、鼻をこすって叱る仕方が知られていました。これらは実のところ、適当ではありません。
柴犬をしつける際の問題点は噛み癖でしょう。成長した後でも大丈夫ですが、できることなら子犬の状態からしつけてなおしておくことに異論はないでしょう。
犬によっては、噛むのをしつけたくても、噛まれたら困る、というような場合もあるかもしれません。反対に感情をあらわにしてしまったりビックリしてしまって、無意識にたたいてしまった経験もある人がいるようです。
生活上の欲求を叶えてやっているように思えても、自己中心で主人の注目を得ようと、無駄吠えをせずにはいられない犬が多いのは事実らしいです。
ペットが欲しいので、小さな犬のミニチュアダックスフンドの子犬を探して飼いだしてのだけど、そのしつけ方法はわからないという話なども時々聞いてきています。

散歩での拾い食いをした時のしつけについては、言葉で叱ることはしないようにしましょう。飼い主であるみなさんが出来る限り威厳をみせつつリードを操りつつしつけをするべきです。
一般的に柴犬は頭が良く、他方、辛抱できる犬と言われています。トイレをしつけても素早く覚え、一度習ってしまえば、かなりの確率で忘れることはないと考えられます。
子どもに対して「これではわがままになるから」「社会の決まり事を会得させなくちゃ」などと思い、それなりに行動するように、異常に吠える犬のしつけをすることだって大差ありません。
気の弱い犬は、大概の場合多く無駄吠えするようになるのだそうです。このように無駄吠えしてしまうのは、一種の警戒とか、恐れからくる錯乱による行動のようです。
ふつう、ブラックのトイプードルについては、他の毛色と比較して最高に聡明だと言われます。頭が良いのでしつけなどもスムーズにいくといったメリットがあるんじゃないでしょうか。

普通ならば怠らずにしつけに取り組んだら、必ずと言っていいほどミニチュアダックスフンドをはじめとする可愛い愛犬は、飼い主にしっかりと応えるといいますから、最後まで頑張ってください。
やたらと犬が噛むのはしつけが正しくないからです。的確なしつけがわかっていないと考えます。良く使われているしつけの中にも、誤っている点がすごくあるはずです。
例えば、ポメラニアンの粗相をちゃんとしつけるのが良いでしょう。ポメラニアンたちは、過剰なくらいに興奮したり歓喜したり、緊張状態が続いたりすると、おもらしをすることさえあるでしょう。
一般的に、チワワのしつけの悩みごととして、「しばしば吠えてうるさい」ということが言われます。外で通行人などに対してとにかく吠える癖を持っているなど、しつけをしてほしい犬もいるんじゃないでしょうか。
日本でも、特に好まれてペットとして扱われているチワワだと思いますが、上手にしつけることができないで、手に負えないでいるオーナーが大勢いらっしゃるのが事実でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です